医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 資格取得の方法

医療事務資格取得方法

どの医療事務資格でも問われる知識が大きく分けて三つあります。第一に法規関連の知識(医療保険制度や医療関連法規、公費負担医療制度、老人保険制度)、第二に医学(歯学)・薬学の基礎知識(医学は人体の構造から各器官の名称等、薬学は医薬品の種類と薬効分類等)そして三番目になんといっても重要不可欠な保険請求事務(保険請求事務の手順、診療報酬点数の算定方法、医療用語、カルテ読解知識等)などです。

基本的に試験は「学科」と「実技」の両建てで行われることが通例です。実技ではレセプト作成を会場で行うことになりますが、診療報酬点数表や電卓などの持ち込みは許可されます。しかし点数表のどこに何があるかなどをつかんでいなければ時間内にレセプトを作成できない内容になっていますのでご用心! 普段からカルテを見てそこから自然にレセプトを作成できるよう練習しておく必要がありそうです。

それでは以下に「通学講座」、「通信講座」、「独学」、「専修学校、短大」の4パターンの学習法を個別に見ていきましょう。

資格を専修学校、短大で

医療事務を独学

医療事務通信講座

医療事務通学講座


Loading