医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 医療事務の基本的知識

医療事務の概略

医療事務は普通の会社の事務員とは職責も内容も大きく異なります。それは医療の現場における基本的な医学知識や医療保険制度、医療関連法規に関する知識が求められる仕事であるため、他の事務職とは大きく一線を画するものがあるからです。

医療事務の基本的な仕事を大雑把に分けると「患者サービス業務」と「レセプト業務」、「医療秘書業務」の三つになります。

「患者サービス業務」は外来、入院問わずにこやかに患者を迎えるだけでなく、保険証の確認、各種案内業務、患者情報の入力、カルテの作成・管理から会計、処方箋案内などてきぱきとした対応が求められます。また「レセプト業務」は医療事務の根幹を支える重要業務です。まずこれが出来なくては医療事務員と呼ぶことはできないでしょう。必要な知識技能はイ)診療報酬の算定に関する知識、ロ)カルテを読む時に必要な基礎的医学知識、ハ)医療や各種関連法規に関する知識が挙げられます。

請求漏れや算定ミスは医療機関経営自体に影響するので各医療事務員の腕の見せ所でもあります。かといって”レセプトだけ得意”というようでは医療事務員としては失格です。この仕事は「人が好きでないとやっていいけない職業」。そして何よりも人命を預かる医療の現場において間接的に医療行為に携わっているということを忘れないで下さい。「患者サービス業務」と「レセプト業務」は医療事務の”車の両輪”です。

「医療秘書業務」は院長や医師らのスケジュール管理などが主ですが、他部署の応援に回ることもあり通常の医療事務実務もこなせなくてはなりません。また学会へ提出する資料作成能力も求められるので専門知識が要求されます。バブル崩壊以降、医療事務の人気は加速度的に高まってきました。反面、国が医療費の抑制に乗り出し国民おしなべて受診控えをする中で、医療機関は厳しい経営を強いられています。そのためもあるでしょう。医療機関の医療事務員の資質や要求する能力水準もシビアになってきました。今後ますます、有資格者が有利な雇用情勢になっていくものと思われます。

<

医療事務の概略のトップへ


Loading