医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 医療事務の基本的知識

診療所

「診療所」と一言、言ってしまえば小さな町村の公設医療機関を連想しがちですが、正しい意味では医療法上、病床数が19床以下の医科全てを指します。

ここ数年、毎年1,000件前後の診療所が新設され、とりわけ入院設備を持たない無床診療所の伸びは顕著でその数、全国に約8万ヶ所あるとデータは語っています。

わが国の医療機関の60%を占める町の開業医=診療所。大病院では精密検査や入院治療を主とするのに対峙して、風邪やけがなど日常的な症状に関して地域に根ざし利用されています。ですが、前述したとおり増加傾向が顕著であるため地域内において競合を招き、国の診療報酬引き下げの施策も影響して経営環境を悪化させる状況が現出しているのも事実。診療所も、経営合理化、患者サービスの向上によって生き残りをかけねばならない厳しい時代が訪れています。

診療所においては、基本的に唯一・絶対のボスが院長です。組織も「診療部門」、「看護部門」、「事務部門」に三分割されたわかりやすい構造になっているのが基本。そして事務部門といっても実際1〜2人のスタッフで総務、経理、用度、医事すべてに精通し、フレキシブルにこなしていかねばなりません。医療事務員の責任は大病院以上に重要です。診療所の仕事を以下に要約します。

窓口

・受付、会計、入院に至るまで全て一つの窓口が活用されます。初診の場合は病状の聴取か問診票の取次ぎ、診察券発行、カルテを作成して診察室へ届けるところまで一手に引き受けてこなさねばなりません。診察終了後の精算では明るい姿勢で患者さんとのコミュニケーションもはかる必要があります。

事務室

・事務室の一角に窓口が設置されているわけであり、大病院のような独立したルームはほとんどの場合ありません。患者さんに関するあらゆる事務手続き、電話応対、カルテ管理、レセプト作成など全ての業務をここで実行するわけです。

診療補助など

・看護士の少ない規模が小さな診療所では医療事務が診療補助を行う場合があります。またレントゲンフィルムの管理、医療材料の購買管理や在庫管理も仕事の合間に行う必要があります。さらに院内の掃除や薬の配達、往診車の運転など実に多岐にわたって活躍の場が広がっています。

診療所のトップへ


Loading