医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 資格取得の方法

医療事務を独学

診療報酬点数表をしっかり解釈できなければ、医療事務の資格は取れません。そのため独学でいく場合はある程度の実務経験者かそれまでの学習経験が豊富な人に向いた学習法といえます。

取得したい資格にしても独学では最初からシステム上無理なものも少なくありません。(特定の講座を修了することが受験資格となるような場合など)独学で比較的取得しやすい資格に「診療報酬請求事務能力認定試験」があります。これなどは他の医療事務資格よりも参考書や過去問題集が充実しています。そういった傾向も踏まえ、自分の取得したい資格は独学に向くものなのかじっくり精査する必然性が出てきます。

学習の準備段階として、自分の目指す資格の出題内容、該当する講座のカリキュラムのチェック、過去問題集も市販のみならず各種通学・通信講座のパンフレット等を取り寄せ参考にするのも有効な方策。また参考書は医療事務の場合、初心者用参考書は数が少ない傾向にありかつ大手書店でない限り品揃えも十分とはいえません。(大手でもすべて網羅しているとはいえない)試験機関に問い合わせたりインターネットを活用して積極的に教材集めをする必要がありそうです。

最終目標となる試験日が決まっていますから、全てはその日に照準を合わせた学習効率の向上が求められてきます。ただ独学が他の学習方法よりも良い点は、お金と時間を徹底的に節約できるということがあります。通信講座で求められる以上の強靭な意志と粘り強さを持って、とことん時間を有効利用し資格にチャレンジして下さい!

医療事務を独学のトップへ


Loading