医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 就職活動

就職活動上の基礎知識

あなたが資格取得の際に講座を利用したとするなら是非、スクールの情報提供を活用してください。仕事を探すあなたと採用側の医療機関等お互いに主催団体という紹介者を媒介するため安心感があります。スクールでは全国中の医療機関と業務提携を行っており、独自の就職ルートを持っているので講座終了後、情報を提供してくれます。これを見逃す手はありませんよね!


ここではっきり銘記しておかねばならないのは、ハローワーク(公共職業安定所)が医療事務人材調達のダントツであるという点。ですが、「ハローワークにだけ通っていればいい」と安易に考えないで! 就職を勝ち取るためにはあらゆるチャネルを開いておく必要があります。人材派遣会社、業務代行業者などの無料登録を利用する、新聞・情報誌・インターネット等の求人情報をこまめにチェックすることも重要な道筋です。

「正社員希望だから、派遣会社には登録しない!」という方もおられると思います。ですが、現在は「紹介予定派遣」というシステムが根付いて久しく、一定期間派遣社員で働いた上で、派遣先とあなたが合意すれば正社員登用となるスタイルがありますので派遣会社に登録しないことはこの可能性を全く消し去ってしまうことになるでしょう? 特に今時の派遣会社は登録後、面談によって就職コンサルティングを行ってくれることも多く、あなたの個性や希望を把握した上で相性のよさそうな職場を紹介してくれるという利点もあります。

”コネ”もばかになりません。この場合は医療機関に従事する友人や知人から紹介を受け、面談、採用といったプロセスを踏むことになるでしょう。人柄重視の選考となりそうですね。

医療事務代行業は、厚生労働省指定の新規・成長分野雇用創出特別奨励金の受給資格のある事業の一つ。事業内容は業務委託・人材派遣・各種コンサルティングの三本柱で、医事システムのトータルサポートを担うほか医療事務代行を一括受注するなど、医療機関の経営合理化に直結したサービスを展開しています。この業種は目下、成長期にあるため人材確保や質の向上に力点が注がれています。未経験者にも十分に挑戦の門戸が開かれており、今後、医療事務の新たな雇用の場としてよりクローズアップされていくでしょう。

レセプト代行業者も昨今では大いに注目に値する就職受け皿です。毎月、医療機関が発行するレセプトは各都道府県の支払基金や国保連合会が集計し第一次審査後、各健康保険組合に送付します。この際、第二次審査が行われるのですが、そのレセプトの数たるや膨大なもので、レセプト代行業者が内容の誤り等チェックし支払基金に再審査を請求する流れとなっており、同業者に委託されるケースが大勢を占めています。

さらに支払基金の審査・支払事務が民営化される動きもあるので、この業種もまた”成長分野”と目するに値しますね。(但し、厚生労働省の行政指導で「在宅によるレセプト点検業務は望ましくない。被保険者等の秘密が漏洩しないよう保険者の監督のもと行われるべきである」とされているので、基本的にレセプト点検だけであっても”在宅”という形はないという点は押さえておくべきです)
さて、それでは実際に就職活動を進めていく上で「就職先を選ぶ基準」を考えていくことにしましょう。どの業界に就職するのでも普遍的に変わらないことではありますが、”待遇”面は勤務先を決める上でも極めて重要な要素であるのはいうまでもないこと。昨今は医療機関も経営状態が安定しているとは限りません。自分が入りたいと思う勤め先の経営の実情をある程度調べておくことは必要です。待遇は規模や設備の豪華さだけで測れるほど安易なものではありませんね。
例えば病院などでは一日の平均患者数等基礎的データを公表していますから、厚生労働省で発表されている平均的データと照合してみるのも”察し”をつける知恵ではあります。また経営理念も重要な要素。そこに連ねられている言葉が職員一人一人の仕事の取り組み方にも反映するからです。あなたの考えと相容れない経営理念のところは、やはり就職してもうまくいかない危険性がありますのでよく調べ、考え就職活動に移してください。また人間関係は”宮仕え”する以上誰もが頭を悩ます重要案件。一度は現場に赴き、職員や患者さん、そして全体の雰囲気もじっくり体感してみる必要がありそうです。

就職活動上の基礎知識のトップへ


Loading