医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 医療事務の基本的知識

調剤薬局

厚生労働省の行政指導により従来の「院内処方」(受診した医療機関内での薬の 処方)から処方箋を調剤薬局に持っていき薬を受け取る医薬分業制度・「院外処方」も、だいぶわが国に定着してきた感があります。

03年度上半期で院外処方が平均で50%を超えるに至りました。

医薬分業の進展とともに、政府の国民医療費抑制政策である薬価引き下げのあおりで中小薬局の経営は今、苦境に立たされています。代わって台頭してきたのがフランチャイズ展開する大手薬局、ドラッグストアなどです。なかでもドラッグストアは調剤事業にテコ入れし、調剤薬局を併設する店舗を大幅に増やす方針を固めている企業が多数あります。

医療事務をこれから目指す人にとって調剤薬局は大きな雇用の創出現場としてクローズアップされ始めました。一店舗に四名もの事務職員が配属されるケースもあるためです。それでは調剤薬局における医療事務の職務内容を見ていきましょう。

調剤助手

・調剤薬局は「店舗」であることを忘れてはなりません。患者さんは顧客であり、仕事の内容は接客サービス業に分類されます。ですから接客業務の向き、不向きが非常に強く問われることになります。現場を二つに分けると「調剤部門」と医療事務が担当する「事務部門」に分かれますが、必要となる処方箋受付や患者情報の入力、毎月のレセプトなどを担当するため薬剤師をフォローする立場であることを踏まえ「調剤助手」とも呼ばれる所以です。レセプトで他の医療機関と異なるのが診療報酬でなく”調剤報酬”であるということ。

仕事の流れ

・患者さんから処方箋を受け取ることから全てが始まります。新患の場合は氏名等基礎データ、アンケート収集(現在服用している薬、副作用の有無、病歴などを患者さんに書き込んでもらう)などを行い薬歴簿を作成。再来の場合は薬歴簿に基づいて保険証変更の有無を確認することを怠ってはいけません。薬剤師によって確認が完了したら、コンピュータに処方の入力を行い調剤録を作成します。

正確な調剤報酬算定のため、薬の商品名から規格に至るまで細心の注意を払い入力しその後、調剤室では薬剤師の手によって直ちに調剤が行われます。別の薬剤師の監査を経て、薬剤師による服薬指導が終わると、ようやく薬が患者さんに渡ります。処方箋に基づき薬歴簿にその内容を記入、そして調剤報酬を算定し自己負担金の精算を行うというのが一連の流れです。

レセプトに関しても他の医療機関と変わることなく行われるため、月末月初は忙しくなるのは言うまでもないこと。他にも備品の準備、店舗の清掃、薬品の棚卸など業務は各薬局ごとに多岐にわたります。

調剤薬局のトップへ


Loading