医療事務資料請求はこちら

医療事務の資格が早く取れる

医療事務資料請求はこちら

医療事務講座

HOME > 検体検査知識

血液一般検査

血液成分の形や量を調べる末梢血液検査のほか、血液凝固検査、赤沈があります。

赤血球数(低値を示したら貧血と判定)

<正常値> ・男性 427万〜570万個/μl ・女性 376万〜500万個/μl  

<主疾患> 貧血、多血症など

ヘモグロビン・ヘマトグリッド赤血球数(貧血の種類を診断)

<正常値>・ヘモグロビン 男性13.5〜17.6g/dl 女性11.3〜15.2g/dl ・ヘマトグリッド 男性 39.8〜51.8% 女性 33.4〜44.9%  

<主疾患> 貧血、多血症

白血球数(感染症や白血症を診断)

<正常値> ・成人 3,900〜9,800個/μl ・小児 6,000〜10,000個/μl ・幼児 6,000〜11,000個/μl 

<主疾患> 白血病、細菌感染症、腎不全、心筋梗塞、再生不良性貧血、肝硬変、薬剤障害など

血液像(白血球分画の増減により白血症を診断)

<正常値> ・好中球 44.0〜72.0% ・好酸球 0.0〜10.0% ・好塩基球 0.0〜3.0% ・単球 0.0〜12.0% ・リンパ球 18.0〜59.0% 

<主疾患> 感染症、白血病、腸チフス、再生不良性貧血、免疫不全 ・好中球増加 扁桃炎、肺炎、骨髄炎、脳炎、胆嚢炎、急性胃腸炎、白血病、心筋梗塞、腎不全など ・好酸球増加 寄生虫病、蕁麻疹、薬剤アレルギー、気管支喘息、アレルギー性皮膚疾患 ・リンパ球増加 梅毒、結核、流行性耳下腺炎、百日咳、バセドウ病など ・単球増加 水痘、麻疹、猩紅熱など ・好中球減少 敗血症、結核、重症肺炎、腸チフス、パラチフス、再生不良性貧血、急性白血病など ・リンパ球減少 悪性リンパ腫、結核性リンパ腫、癌、白血病など

血小板数(血小板の数より止血機能を調べる)

<正常値> 20万〜40万/μl (男性 13.1万〜36.2万個 女性13.0万〜36.9万個) 

<主疾患>血小板減少性紫斑病、白血病、再生不良性貧血、肝硬変

出血時間(出血時間が長い場合は血小板の異常を診断)

<正常値> 1〜3分 

<主疾患> 特発性血小板減少性紫斑病、血小板無力症、尿毒症、壊血症、フォン・ヴィルブランド病

フロトロンビン時間(血液凝固因子ができるまでの時間をいう)

<正常値> ・INR 0.90〜1.26 ・活性値 70〜120% 

<主疾患> 肝障害、胆道疾患、血管内凝固異常症 
◇出血があると肝臓で作られたプロトロンビンはトロンビンに変わり、トロンビンが血液中のフィプリノーゲン(線維素)を水に溶けにくいフィブリンに変えて血液を凝固させます。

活性化部分トロンポプラスチン(血液の凝固時間により血友病を検査)

<正常値> ・25.0〜45.0秒 

<主疾患> 血友病

赤沈【血沈】(赤血球の沈降速度でスクリーニング〔ふるい分け〕を行う

<正常値>・男性1〜10mm(1時間後) ・女性2〜15mm(1時間後)

<主疾患> 骨髄腫、感染症、肝臓病、貧血、膠原病、癌、心筋梗塞、閉塞性黄疸、腎不全、結核

血液一般検査のトップへ


Loading